スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上げ馬神事 「人馬一体」土壁に挑戦 三重・多度大社(毎日新聞)

 急峻(きゅうしゅん)な土壁を人馬一体となって駆け上がる三重県指定無形民俗文化財の「上げ馬神事」が4日、桑名市の多度大社で行われた。南北朝時代から続くとされる伝統の神事だが、動物虐待や未成年者の飲酒が指摘されたことから、文化財指定の適否を調査するため、県文化財保護審議会の委員が視察した。指摘を受け、神事を行う氏子組織「御厨(みくりや)」は今回初めて、7人の監視委員会を設け、竹やロープで馬をたたくなどの虐待行為に目を光らせたほか、馬の待機場を観客にも見える場所に移すなどの対策を講じた。

 県文化財保護審議会の委員は、虐待などは確認されなかったといい、「問題はないようだ」と話した。

 神事は若者の士気を高めるため始まったと伝えられ、約2メートルの土壁を駆け上がった馬の頭数で稲作の豊凶を占うようになった。この日は10万人(主催者発表)の観客が見守る中、地元の15~19歳の武者姿の乗り子6人が2回ずつ挑戦し、3回成功した。5日も午後2時から行われる。【沢木繁夫】

【関連ニュース】
春の多度写生大会:社殿や木々を思い思いに--桑名 /三重
上げ馬神事:馬死ぬ 県文化財適否、視察中--三重・東員の猪名部神社

指揮者・ゲルハルト・ボッセ 88歳が紡ぐ“みずみずしい音楽”(産経新聞)
普天間日本政府案、米は実現性を慎重に検討へ(読売新聞)
仙台市で教員男性の変死体 顔に殴られた跡(産経新聞)
首相の沖縄訪問を正式発表 普天間移設案説明へ(産経新聞)
<横領>JAおやま職員、顧客の預金解約し1億5000万円(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しんぼりこうじろうさん

Author:しんぼりこうじろうさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。